top of page

睡眠を手助けする音楽ガジェット5選


 


寝つきが悪くて毎日ちゃんとした睡眠がとれなくて困っている。

なにか睡眠で役立つガジェットがあれば教えてほしい。。。」


こういった疑問に答えます。


 

本記事の内容

  • なぜ眠れなくなるのか?

  • 睡眠に必要な要素

  • 睡眠音楽では528Hzが最適

  • おすすめ睡眠ガジェット5選

  • まとめ


 

なぜ眠れなくなるのか?

主に不眠症などで悩む方は

  • 身体的要因

  • 精神的要因

の二種類に分けられます。


まず身体的要因としては病気やケガなどの、痛い、痒い、息苦しい、気持ち悪いなど。。。


何かしらの疾患によりサインが出ている状態。


精神的要因としては

ストレスやうつ、トラウマ、不安、焦り、など精神的に不安定になる場合です。


この両者にも当てはまる。

身体的要因を治すための薬を利用した副作用による精神的な症状の悪化や

アルコール、たばこの摂取、

生理的なホルモンバランスの乱れなどがあげられる。


私なんかの場合は普段体を酷使しない仕事をしているため

頭は使っても体が疲れていないため

あまり眠れないことが多いです。


睡眠に必要な要素

・睡眠前はリラックスした環境、状態を作る。


まず衛生的にキレイな部屋作りから始めましょう。


部屋が散らかっていると

埃やハウスダスト、その他のウィルスなどで睡眠の質を下げることもあります。


散らかっていることによりイライラしてしまいリラックスできないことも考えられます。


眠りにつく30分前に軽くストレッチをして血行を良くしましょう。


・一日の生活リズムを崩さない。

決まった時間に起床して、食事をとり、お風呂に入って、睡眠する。


習慣化することにより体が睡眠のタイミングを覚え、自然と眠れる体になります。


睡眠前のスマホは脳の考えるスイッチを入れてしまうので

1時間前には触らないようにしましょう。


・適度な運動を心掛ける

運動をすることで睡眠直後に深いノンレム睡眠状態に入ります。


ノンレム睡眠では成長ホルモンを分泌し細胞の修復を行います。


この修復をするサイクルが睡眠の効果を持続させます


睡眠前の激しい運動は脳が興奮状態になるので避けましょう。


睡眠音楽では528Hzが最適

周波数によって異なるリラックスをもたらす、9つの

ソルフェジオ周波数というものがあります。


そしてその9つある周波数のうち

最もリラックス効果の高い周波数として注目されているのが

528Hzだと言われています。


最近ではこの528Hzで睡眠を誘発させるようなヒーリング音楽などがyoutubeなどに投稿されています。




おすすめ睡眠ガジェット5選

その1:体に直接音楽を伝送する

快眠ピローパッド


その2:ヘアバンド型

ワイヤレスヘッドフォン


その3:ノイズキャンセリング機能搭載スリープイヤフォン


その4:睡眠改善

ベッドサイドワイヤレススピーカー


その5:夢の中を自由自在にする

ヘッドバンド


 

その1:体に直接音楽を伝送する快眠ピローパッド


参考価格¥ 16,990


トランスデューサーを使って

サウンド信号を変換し、体に直接伝送するので音楽がもたらすリラックス効果をより高めます。


枕の下などにこのピローパッドを敷いて、お使いの音楽デバイスと連動させるだけ。


Bluetoothも搭載しているため、コードが邪魔になることはありません。


 

その2:ヘアバンド型ワイヤレスヘッドフォン



参考価格¥ 20,290


快適な装着をもたらしてくれます。


音楽を聴きながらリラックス状態で睡眠がしたいとヘッドフォンを付けると

横になった時に外れたり耳が痛くなり、イヤフォンを付けても耳の中にある装着感が気になって眠れない。


そんな時に役立つアイテムです。

ワイヤレスなためコードが首に巻き尽きたり、朝起きてぐちゃぐちゃになるなんてこともなく。


プレイリストなど音楽が止まると自動的に電源がスタンバイモードになり

節電も可能。


特に飛行機、車、新幹線などの移動で役に立つアイテムです。




 

その3:ノイズキャンセリング機能搭載スリープイヤフォン




参考価格¥ 18,790


HYPNOSの最大の特徴は

ノイズキャンセル機能にあります。


窓から聞こえる工事の音

隣人の床ドン、壁ドンなどの騒音

睡眠時、うるさいと思ってイヤフォンをして睡眠をする方も多いのではないでしょうか?


でもイヤフォンをしているのに隙間から聞こえてくる何てこともよくあります。


そんな時HYPNOSは

バックグラウンドノイズを読み取り、

それと逆の信号を送ることで打ち消します。


要は逆位相のようなものですね。


 

その4:睡眠改善ベッドサイドワイヤレススピーカー



参考価格¥ 15,790


DELTA、ALPHA、THETAの脳波パターン を25年にもよる臨床実験から

生み出したサウンドプログラムは

睡眠を誘発するためだけに作られたスピーカーです。


専門の医師が開発しているため

より効果の高いサウンドだと言えるでしょう。



 


その5:夢の中を自由自在にするヘッドバンド



税込価格¥ 46,690


正直これはおまけみたいなものです。

なぜかというとあまりにも

現実的ではないからです。w


ですが、発想としてはかなり面白いと思いましたので

紹介させていただきます。


Auroraは 「明晰夢」をコントロールする ヘッドフォンとして

開発されたものです。


要するに夢の中で夢だと自覚したうえで好き放題するためというアイテムです。


脳波を測定し夢を見ているタイミングを察知するとあらかじめ

設定しておいた音や光の色調などの変化により誘導するといったものです。


例えば海の夢が見たいと思ったら夢を見ている最中に海のサウンドが流れ

青いライトで誘導するなど。


本当にこれで夢をコントロールできれば面白いですが

まだまだ試作的と言えるでしょう。



 

まとめ

睡眠がしっかりとれていないと

翌日の活動のパフォーマンスを下げることになります。


今回紹介した睡眠ガジェットを導入するのもありですが

まずは生活習慣を見直すことが大切だと思います。


そして眠れない原因を見つけ出し

自分に合ったガジェットでサポートするくらいがいいでしょう。

0件のコメント

Kommentarer


bottom of page