top of page

ギタリスト必見! 好きな位置に配置ができる一弦カポ


意外知らない隠れた

ガジェットシリーズ


あまり知られていないだけで

専門的に使う人や、用途によっては

訴求する人がいる。

そういったものを紹介致します。

 

ここ最近人気がさらに爆発的に上がり、Martin Garrix、zedd など海外アーティストとのコラボもこれから始動していくであろうichikaさん。







技巧派であり、さらに

メロディアスでエモーショナル


独特の和声の積み方で

今までのギタリストにはないサウンドを生み出し日本だけではなく、

海外アーティストさえも魅了している。




彼のようなテクニックで

彼のようなサウンドを出したい!


でもこのコード

物理的に無理でしょ、、、

指届かんし

どうやって弾いてるの、、、

何かオススメのガジェットとか無い?


という方の疑問に答えます。


ギターを使って

変わったサウンドを出したい

という形はご覧ください。

 

もくじ

  • そもそもカポってなに?

  • 一弦カポFretlocks

  • チューナー内臓型カポタストTAPO

 

そもそもカポってなに?

カポタストと言い

ギターを弾く際に複雑なコードが苦手な方は、自分の弾きやすいコードフォームというものがあります。


楽曲を移調して演奏するなど

苦手な運指や認識があやふやなコードを一々覚えるのが面倒だったりする時

自分の得意なコードフォームのまま移調ができるという便利なモノです。


例えばカラオケに行って

原曲は高くて歌えないとき

キー変更しますよね?


それと一緒で自分が弾きやすいように

キーを変更しているのです。


使用している有名なアーティストも多く。

ギターの譜面にもcapo:1やcapo:2

のような表記がされていることもあります。


チャットモンチーの はしえりさんは

カイザーのカポを使用していましたね。


(カポタスト人気ランキング)

https://my-best.com/4769


ただデメリットもそれなりに多く

チューニングが狂いやすいや、

いちいち曲間ごとに変えてチューニングするのはめんどくさい、などもあります。


カポを使う人を見ていると

割とギタリストというより

シンガーソングライターさんが

多いイメージです。


(カポに詳細に関する記事はこちらをご覧ください)

http://yamadanao.com/?p=2690


一弦カポFretlocks(フレットロック)

価格価格 ¥ 6,390


今までここのコードでこの位置で

アルペジオがしたい。

という時に、一弦のみをトラップする事で、自分でコードをカスタマイズする事ができます。


使用方法

弦にフィットするフレットロックのサイズを選び、 (I = 最も薄いゲージ、 II = ミディアム、 III = 最も厚いゲージ) 裏紙を剥がします。


片側に弦を引き、フレットロックを位置に配置します。前面の最小のブレードは、ギターの本体に最も近いフレットバーをオーバーラップする必要があります。


フレットロックを、フレットボード上にしっかりと押しつけます。


三枚のフレットロックブレードの間に、弦をしっかりと押しつけます。


均等に押しつけるために、必要に応じて、ロッカーをご使用ください。



メリット

宅録などセクションごとにRECする際

ここにはこのサウンドが欲しい!

というこだわりがある人にはカスタマイズにより最適なサウンドを入れる事ができる。


セクションを分解しまくれば

ライブ感は無くなりますが

トラックメイキングとしては

ichikaさんのような独特のサウンドも

テクニックがなくても作れそうですね。


デメリット

正直これを初めて見たとき

いや、いつ使うねんw

と思いました。

中々の音楽理論の持ち主でないと

使いこなせないかもしれませんね。


購入ページ

https://www.rakunew.com/items/57966


上記でもお伝えした通り,

カポをつけるとどうしてもチューニングが狂うし、カポしてチューニング見てって、やってると面倒という方にはコチラ→

チューナー内臓型カポタストTAPO

価格¥ 4,790


ギターのヘッドにつけ

演奏しながら調整可能

ライブパフォーマンスでは最適

高高感度のチューニングも特徴的で

狂いやすいcapoのデメリットを

見事にクリアしています。


capoを使用するギタリストで

クリップ型のチューナーをお求めの方は一石二鳥ですね。




購入ページ

https://www.rakunew.com/items/57966

まとめ

とはいえ、そもそもそこそこテクニックあるしcapoなんて使わないという意見も分かります。


でもテクニックや理論が分かっているからこそ、この一弦カポは使いこなせると思いますよ。


音のこだわりや追求、差別化をしたい人がは参考にしてみてください。



0件のコメント

Commentaires


bottom of page